シグナルプロバイダー

ホーム  >  シグナルプロバイダー  >  Real Conservative Trading

Real Conservative Trading

シグナルプロバイダーのコメント

あなたは、シグナルプロバイダーから何を期待しますか?

若しあなたが保守的なシグナルプロバイダーをお探しであれば私がお助けすることができます。私は毎日数百PIPS設けるとは言いませんが損したポジションを大きな損失に膨らむまでほうっておくということはありません。マーケットが明確なサインを出すまでトレードはしないことにしています。主に日計り取引をします。時に通貨ペア毎に2ロット(20万通貨)までポジションを執ることがありますが、あなたの投資しようとするロットのサイズを半分にして通貨ペア毎に2つのシグナルを受けるようにお勧めいたします。私の取引プランに従って最大損失制限を50PIP(例えばEURO/USDであれば)-120PIP(例えば対円である場合)にセットしてください。(私は、損切りのポイントをそれぞれの取引において最大取得可能ポジションより下に設定して取引にどのくらい時間をかけるのかを知らせしていますが、それは取引執行ミスが起こった場合にあなたの利益を守ることを考えているからです。浅い損切りは、短期的な取引をしているということを表しています。)
しかし、その損切りの地点までポジションを保有しているということではありません。私は、取引が計画した方向に動かない場合はいつもより小さな損失でそんぎるように心がけています。
ここに私の損切り方針を述べさせていただきます。時々私の計画と違う方向に行ったとしても問題はありません。全て起こったことの一部かもしれませんが、私のポジションが確実に損失に陥ったとき(10-20程度)、損切りをしてしまうと損失を取り返すのが難しいのではないかと自問自答いたします。やがて、大きな損失に発展するとその損失を取り返すのは至難の業です。なので損切り後の結果がどうであったかということは考えずに、許容範囲を超えてしまうレベルに達するでに損切りするように心がけています。もし私の計画がまだ正しいと思う場合は、再度ポジションをとりに行きます。これが長い期間私がとても大きな損失を避けることができた理由です。たとえそれらを保有していれば最終的に利益になったとしても損切りは着実に行うということです。
しかし、システム障害が起こったりなにかエラーが起こった場合を想定して最大限のストップロスを設定して個人でリスク管理を心がけることをお勧めします。損した取引も忘れないで下さい。なぜならそれもこのゲームの一部なのでね。取引には全てのメジャーな通貨ペアを取引しますそれには通貨クロスも含み、同時には2つの通貨ペアまでしか取引しません。
(なので最大ポジションは4ロットです。)真剣に取引をしておりますのであなたもそれに賛同していただければありがたいです。私のシグナルを受けている方へ:エラーが起こってった場合、もしシグナルによってあなたのポジションが閉じられない場合は、業者に連絡を取ることをお勧めします。




スペックシート

取引通貨 メジャー通貨
取引時間 主にデイトレード
ポジション数 同時には2つの通貨ペアまで
通貨ペア毎に2ロット(20万通貨)まで
その他



過去1年間の獲得pips数

過去1年間の獲得pips数


Real Conservative Trading